戻る《  トップへ   》次へ


風浪やうねりは海面の表面の海水だけの運動で、波長も数m〜数百mです。ところが、津波は海底から海面まで全ての海水の動きです。また、沖合では高さが数cm〜数mなのに対して、波長は数km〜数百kmにもなり、非常に長いため目視では観測できません。目で見えるのは目前に迫ってからですから、そのときには逃げ遅れてしまいます。
高波とは、高潮で海面が上昇しているその上に、波長も周期も短い波が何回も押し寄せる現象を言います。それに対して、津波は海底から海面までのすべての水が波となって沿岸に押し寄せる現象を言いますので、そのエネルギーは高波とは比べものにならないくらい大きなものになります。