戻る《  トップへ   》次へ


南海地震について、断層モデルから海底地盤の変動量を計算し、それがそのまま海面も変動したものと仮定すると、津波の波源は図のようになります。この場合は、逆断層ですので、沖合では海面が盛り上がり、陸地に近いところでは海面が下がっています。このような場合、津波は引き波で始まります。