本州最南端の町・串本町。東南海・南海地震の震源に最も近いこの町は、地震による揺れが大きいのはもちろん、津波が到達するまでわずか10分足らず。しかも、他市町に比べて波高の高い津波が押し寄せると予想されています。
 ここでは、和歌山県で最も深刻な被害想定がなされている津波浸水予想や津波シミュレーションを体感し、今、津波最前線の串本町で町民の命を守るために進められている津波防災の取組を学びます。

潮岬から串本町市街をのぞむ

【注】注意このコンテンツは、平成17年9月時点での取材によって作成したものです。

東南海・南海地震による津波浸水予測 津波防災の取組

おわりに