戻る《    》次へ


西ノ浦の津波浸水はきわめて深刻である。海抜高度が低く、地区のほとんどの部分で浸水深3〜5mと予測されている。防潮堤のかさ上げや、津波の進入経路への対策が急務である。そのような危機感があってか、地域内に避難場所を示した掲示板や海抜高度表示を多く見かけた。 この地区の南側を通るJR線路の側壁は、山側へ逃げる住民にとって大きな障壁となる可能性が高い。