戻る《

淡濃山とよばれる山の東南麓にあります。
広川湾の和田から北へ500mほど入ると、右手に道標があり、山裾に濱口梧陵の墓が建てられています。台石を二重に置き、その上に角柱の主石をのせた形の墓です。側面に「明治十八年四月廿一日 八代目儀兵衛建」と刻まれています。