戻る《

慶応2年、安楽寺東隣に移築した場所。ここで耐久舎と命名され、舎長には安楽寺14代住職が就任しました。境内に「耐久舎跡」を示す石碑があります。