戻る《    》次へ

稲むらの火 (現代仮名遣いに改めています。)
   「これはただ事でない」
とつぶやきながら、五兵衛は家から出て来た。今の地震は、別に烈しいという程のものではなかった。しかし、長いゆったりとしたゆれ方と、うなるような地鳴りとは、老いた五兵衛に、今まで経験したことのない不気味なものであった。
 五兵衛は、自分の家の庭から、心配げに下の村を見下ろした。村では豊年を祝うよい祭りの支度に心を取られて、さっきの地震には一向に気が付かないもののようである。
 村から海へ移した五兵衛の目は、たちまちそこに吸付けられてしまった。風とは反対に波が沖へ沖へと動いて、みるみる海岸には、広い砂原や黒い岩底が現れてきた。
「大変だ。津波がやってくるに違いない」と、五兵衛は思った。このままにしておいたら、四百の命が、村もろ共一のみにやられてしまう。もう一刻も猶予はできない。
「よし」
と叫んで、家にかけ込んだ五兵衛は、大きな松明を持って飛出してきた。そこには取入れるばかりになっているたくさんの稲束が積んである。
「もったいないが、これで村中の命が救えるのだ」
と、五兵衛は、いきなりその稲むらの一つに火を移した。風にあおられて、火の手がぱっと上がった。一つ又一つ、五兵衛は夢中で走った。
 こうして、自分の田のすべての稲むらに火をつけてしまうと、松明を捨てた。まるで失神したように、彼はそこに突立ったまま、沖の方を眺めていた。
日はすでに没して、あたりがだんだん薄暗くなって来た。稲むらの火は天をこがした。山寺では、この火を見て早鐘をつき出した。
「火事だ。庄屋さんの家だ」
と、村の若い者は、急いで山手へかけ出した。続いて、老人も、女も、子供も、若者の後を追うようにかけ出した。
 高台から見下ろしている五兵衛の目には、それが蟻の歩みのように、もどかしく思われた。やっと二十人程の若者が、かけ上ってきた。彼等は、すぐ火を消しにかかろうとする。五兵衛は大声に言った。
「うっちゃっておけ。――大変だ。村中の人に来てもらうんだ」
 村中の人は、追々集ってきた。五兵衛は、後から後から上ってくる老幼男女を一人一人数えた。集って来た人々は、もえている稲むらと五兵衛の顔とを、代る代る見くらべた。その時、五兵衛は力一ぱいの声で叫んだ。
「見ろ。やって来たぞ」
 たそがれの薄明かりをすかして、五兵衛の指さす方向を一同は見た。遠く海の端に、細い、暗い、一筋の線が見えた。その線は見る見る太くなった。広くなった。非常な速さで押寄せて来た。
「津波だ」
と、誰かが叫んだ。海水が、絶壁のように目の前に迫ったと思うと、山がのしかかって来たような重さと、百雷の一時に落ちたようなとどろきとをもって、陸にぶつかった。人々は、我を忘れて後へ飛びのいた。雲のように山手へ突進してきた水煙の外は一時何物も見えなかった。
人々は、自分等の村の上を荒狂って通る白い恐ろしい海を見た。二度三度、村の上を海は進み又退いた。
高台では、しばらく何の話し声もなかった。一同は波にえぐり取られてあとかたもなくなった村を、ただあきれて見下ろしていた。
稲むらの火は、風にあおられて又もえ上り、夕やみに包まれたあたりを明るくした。
 始めて我にかえった村人は、この火によって救われたのだと気がつくと、無言のまま五兵衛の前にひざまづいてしまった。
      尋常科用小学国語読本 巻十 より