高野エリア

 

世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」
Sacred Sites and Pilgrimage Routes in the Kii Mountain Range

  ■町石道について 


 江戸時代のころ下界の人々が高野山にのぼる際よく利用されたのは、慈尊院から南に下って山道に入り、右手に丹生都比売神社を見ながらさらに山道を行き、高野山のメインゲートである大門に至る町石道でした。町石道には山上の伽藍を起点として下界の人々の出発点である慈尊院まで、1町(約110メートル)ごとに180の町石が立てられ、さらに伽藍から東に向かって奥の院の方向にも36の町石が立てられました。人々は町石をたよりとして、浄土とされる高野山に1町ずつ近づいていくのを励みとして山道を行ったのでしょう。

■ 町石道歴史散歩へ