建造物の詳細
   

略地図

完成年 明治19年
竣工時の名称 池田隧道
現名称  
所在地 紀の川市重行〜神通
構造 煉瓦造
分類 交通
コメント 和歌山県の旧打田町から和泉山脈を越え大阪府の泉佐野方面に出るには、現在では県道泉佐野・打田線を北上し池田トンネルを抜けていくが、現トンネルの上には煉瓦造の旧池田トンネルがあり、県下で最も古い洋式トンネルのひとつです。馬蹄形の断面を持ち、長さ80m、幅2m、高さ2.3m程の小規模な道路トンネルです。内部は煉瓦を長手積とし、道路面は石が敷かれていて、ポータルは石材を用いず煉瓦のみで構成されています。紀の川市指定有形文化財

閉じる

Copyright(c) 和歌山県教育センター学びの丘